クレンジングの選び方

正しい方法で洗顔を行うには、まず洗顔がなぜ必要か、洗顔によってどんないいことがあるのかを知るようにしましょう。
あわただしい朝や疲れて遅くに帰宅したときなどは、洗顔を省いてしまいたくなることもあるでしょう。
それがどうして洗顔をするのか、洗顔がどのように体に影響するかを知っていれば、洗顔をさぼろうなどと考えることもなくなるでしょう。

皮膚の周期は年齢や個人差がありますが、大体4週間から6週間程度です。
新しい皮膚が下から生まれると、古い皮膚は剥がれ落ちるという仕組みで、顔の皮膚はいつも生まれ変わっているのです。
古くなった皮膚の垢は落とさなければ、次の皮膚が正常に再生できなくなるのです。

洗顔の方法を知ることは古い皮膚を適度に落とす方法であるともいえます。
きちんと洗顔をしないで垢が落とせないでいると、顔にくすみやシミができてしまいます。
古くなった皮膚が残っていると、表皮は柔らかさを失い、顔に深いしわを刻んでしまうことになります。

また汚れや油分もきれいに落とされていないと、にきびを作ってしまうことにもなるのです間違った洗顔方法は肌の不調を生み、それが続くとくすんだりたるんだりすることになるのです。
自分に合った洗顔料を選び、正しい洗顔方法で顔の皮膚を清潔に保ち、保湿をしっかりすることでいつまでもうるおいのある肌を保ちたいものですね。
初めに自分の肌質などに合った洗顔料を選んでから洗顔を考える、これが洗顔の大切なことです。

どんな洗顔料を選ぶかによって、洗顔の良し悪しが左右されるのです。
CMでよく見られる洗顔料では、弱酸性で優しいということをうたい文句にしているものが多いようです。
人の皮膚表面が弱酸性であることに合わせて、肌に負担がかからないようにすることが狙いのようです。
けれど弱酸性の洗顔料であっても、それを洗い流すのに使う水道水はというと、中性なのです。

方法のいかんに関わらず、洗顔が終了した時点では、いつも肌は中性なのです。
人間は肌にアルカリ中和能力というものを備えていて、肌が一時的に中性やアルカリ性になったときでも弱酸性に戻してくれます。
洗顔の後に使う化粧水は弱アルカリ性なので、基礎化粧の段階で肌は弱酸性に戻ります。
どのような洗顔法方をとる場合でも、とにかく弱酸性を、とこだわって洗顔料を選ぶ必要もありませんし、弱酸性であれば心配ない、というわけでもないということは覚えておきましょう。

洗顔の第一歩として洗顔料を選ぶ際は、酸性アルカリ性にこだわるのではなく、自分の肌の性質に合ったものを選ぶことが大切です。
脂性、乾燥、混合、いずれの肌質かによって、合う洗顔料は違うものなのです。
よくあるしっとりタイプの洗顔料は油分や保湿剤が配合されているかの違いで、適量の油分は肌にはいいことですが、多すぎては逆に乾燥につながる場合があるということも覚えておきましょう。

そこでオススメなのが➡うるツヤ肌を実感!初回500円【フラビア クレンジングジェル】

年齢肌のお悩みをクリアにする、驚きの『うるつやクレンジング』 透明感のあるツヤ肌を手に入れたい!なめらかなキメを取り戻したい!という方へ 毎日のクレンジングを見直してその願いを叶えてみませんか。

おすすめの記事